WindowsPCからMacBookAirに乗り換えた3つの理由

突然ですが、MacBookAir(11インチ)を購入しました。

今までMac自体、触ったことが無かったのに、ちょっとした
キッカケで、調べていたらどうしても欲しくなりました^^

APPLE MacBook Air 1.3GHz Dual Core i5/13.3

購入して5日目の素人が、WindowsPCからMacBookAir
乗り換えた訳と、Macの魅力について語りたいと思います♪

MacBookAirとの出会い

自宅にはWindows7搭載のデスクトップPCがありますが、
デスクトップ故に、決まった場所でしか作業をすることが
できないという不満がありました。

別の部屋で生後三ヶ月の息子が寝ているので、なるべく
近くにいたい事もあり、ノートPCが欲しくなりました。

予算は大体7〜8万円ぐらいで、11インチ〜13インチ
バッテリーが一日ぐらいは持つのが理想です。

で、価格.comで11インチのノートPCを探していたのですが、
いまいちピンとくる物がありません。。
(欲しいと思ったのは10万円以上するものばかり・・)

そこで、なにげに「Mac ノート」というカテゴリを覗いたら、
1位2013年モデルのMacBookAir(11インチ)でした。

その時の値段は、最安値76,800円ぐらいだったと思います。

「Macか〜。。使ったことないし、Macってデザインとか
音楽する人が使うものだよね。。」なんて思いつつ、
購入者のレビューを見たり、ブログなどで情報収集しました。

すると、意外なことに、この2〜3年でWindowsからMacに
乗り換えたという人が多く、また、

もっと早くMacにしておけば良かった!

という声が多かったです。

あと、操作に慣れるまで苦労したけど、慣れてしまうと
Windowsには戻れないという声も多かったですね。

何がそんなにいいんだろう?

と、いろいろと調べるキッカケになりました。

MacBookAirを購入した理由

私がMacBookAirの購入を決めたのには、
大きく分けて3つの理由あります。

  • コストパフォーマンスの高さ
  • 操作性の良さ
  • 買取価格が高い

購入を検討している方の参考になれば幸いです。

コストパフォーマンスの高さ

MacBookAirの魅力のひとつに、コストパフォーマンスの高さ
高さがあげられます。

性能の詳細については、Appleのホームページを見てもらうのが
一番だと思うので、今回は割愛します。

SSDが超高速だったり、カタログ値では現れにくい所の
こだわりも沢山あるので、是非一度ご確認ください。

価格

私だけかもしれませんが、Mac=高いというイメージでした。

ですが、MacBookAirは同スペックのWindowsPCより、
かなり安く、コストパフォーマンスに優れています。

丁度、自分の予算内に収まったというのも大きいですね(笑

バッテリー

持ち運ぶ機会の多いノートPCの重要な要素の一つですね。
11インチ最大9時間13インチ最大12時間です。

せっかくの小型ノートPCなので、気軽に持ち出したいです。
バッテリーが3〜4時間しか持たないのでは、話になりません。

操作性の良さ

小さいノートPCだけに、操作性は気になるところです。

以前、8.9インチのノートPCを使ったことがありますが、
キーボードが小さすぎて、使い物になりませんでした^^;

ここからは、実際に購入してからの感想を交えています。

MacBoodAirの一番の魅力は操作性にあると思います。

とくに、トラックパッド(キーボードの下側にある
マウスのようなもの)の操作性の良さにはシビレます。

ノートPCって外付けマウスを使う方が多いと思いますが、
MacBookAirに関しては、必要性を全く感じさせません。

マルチタッチトラックパッド

※画像はMacBookProのものです。

※画像はMacBookProのものです。

この存在が、MacBookAirの購入を決めたと言っても
過言ではありません。

「トラックパッド=マウスの代わり」と思っていませんか?

MacBookAirのトラックパッドは、マルチタッチの言葉どおり、
操作する指の本数により、様々な動作ができます。

個人的に驚いたのは、スマホやタブレットのように、2本の指で
ピンチイン(指でつまむ)、ピンチアウト(指の隙間を広げる)し、
画面の縮小、拡大ができることです。

それ以外にも、3本、4本と指を使った操作で、登録している
アプリや、起動しているアプリの一覧を表示することができます。

”親指と、人差し指、中指、薬指でつまむ”というものもあり、
大人の遊び心をくすぐります♪

以下の動画で詳しく説明しているので、是非、この魅力を
感じてもらえればと思います。
(動画はMacBookProのものですが、操作は同じです)

ショートカットキー

私は文章を書く事が多いので、キーボード操作の
便利なショートカットキーがあるのも魅力です。

例えば、カーソルの移動は、普通↑↓←→のキーを
使いますが、少し離れたところにあるので、右手を
ホームポジションから動かす必要がありました。

MacBookAirでは(Macでは)、以下のキーで操作する事が
できるので、両手は常にホームポジションに置けます。

  • Control+F:右へ移動
  • Control+B:左へ移動
  • Control+P:上へ移動
  • Control+N:下へ移動

え?逆に面倒?

私も最初はそう思いました。

でも、しばらく我慢して使ってみてください。

文章入力中にちょっとした間違いなどを修正する際、
とても便利ですよ^^

このあたりは、UnixやLinux経験者は馴染みやすい
かもしれませんね。

まだまだ沢山あるので、別の機会に紹介できればと思います。

買取価格が高い

今回、購入する際に、中古での相場も調べてみましたが、
驚いた事に、昨年(2012年)のモデルでも、買取価格
50,000円以上です。

発売してから一年以上経っていて、しかも新しいモデルが
発売されているのに、この価格です。

という事は、2014年モデルが出て、買い替えたくなった時、
今のものを買取ってもらえれば、2〜3万で新しいモデル
手に入れられる可能性があります。

これは、ちょっとした資産と言えるのではないでしょうか?

そう考えれば、大切に使おうと思いますよね(笑

まとめ

まだまだ書き足りませんが、あまり長いと読む方も
疲れると思うので、まとめます^^;

まだ使い始めて5日ですが、本当に買ってよかった
思えるPCです。

購入後にメモリの増設ができないなど、デメリットも
ありますが、動画編集をしたり、バリバリと開発を
しない限りは4Gで十分です。

また、この記事は、MacBookAirを使って書いていますが、
キーボードの操作音も静かだし、全くストレスがありません。

画面が小さいので、最大化表示して操作していても、
トラックパッドの操作で簡単に別のアプリに切り替えが
できるのもいいですね。
※私はほぼ、すべてのアプリを全画面表示しています。

久しぶりに使っていて楽しいと思えるモノに出会えました^^


スポンサード リンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ